Zoomレクチャー 「世界の腰機」第3回
講師  工藤いづみ 氏
2021年11月19日(金) 
12月12日までの録画視聴
-小スンダ列島(ヌサ・テンガラ)の絣を訪ねて-

糸を括り染めて模様を織り出すイカット、細やかな模様の絣の布がヌサ・テンガラの島々で織られています。
イカットの布がどのように織られているのか、島々で異なる絣模様や風景を当時の写真や動画を中心にお話しします。

 

Zoomレクチャー 「世界の腰機」第3回
-小スンダ列島(ヌサ・テンガラ)の絣を訪ねて- 講師  工藤いづみ 氏
2021年11月19日(金)  録画視聴 12月12日(日)まで
一回視聴価格2,200円 (税込)

 


工藤いづみ  世界の腰機 連続レクチャー6回分 特典価格
¥13,200→¥12,000 となります。
第3回レクチャー 12月12日まで録画視聴もできます。


<iframe width="100%" height="700px" src="https://smoothcontact.jp/front/output/7f000001634f2181c61c7ddeb11912" allowtransparency="true" frameborder="0"></iframe>



2021年10月26日 9:30現在 ショッピングカートのクレジットカード決済画面が出てこないトラブルが発生しています。早急に復旧する所存ですが、
同じようなことがあれば、
上記の 受講申込フォームからお申し込みください。
メールにて別途Squareの請求書を送らせていただきます。
そちらからクレジット決済をお願いします。
LinkIcon 注文メール送付先


腰機との出会いは25年前のインドネシアのイカット(絣)
 腰機だからできる絣表現を体感したくて腰機を学び始めました。
 それを機に、様々な国で織られている腰機を見て歩き、学んできました。
 今回、大井川葛布の村井親方より世界の腰機を話してみないかとのお話をいただきました。
織手としての視点で見てきたことをテーマ別に分けて8回のレクチャーをおこないます。

 工藤いづみ

Zoom レクチャー「世界の腰機」 

 
第一回のビデオ視聴を現在中止しています。編集をしまして、改訂版をお届けする予定です


 
講師:工藤いづみ
 
日本の機台腰機の技術再興プロジェクト 
略して「腰機プロジェクト」 主催
 日本の腰機技術を継承する上で、世界の腰機の現状を知ることは重要です。前回は「世界の腰機」について概略的にお話を指定いただきましたが、今回から8回連続で地域ごとの腰機について、どのように織り、どんな模様を織りだすのか? を世界の腰機を実際見て、織る体験をした工藤いづみさんにレクチャーをお願いしました。
配信方法;Vimeo

視聴費用:2200円 

 カートからレクチャーをご購入ください。
レクチャー購入の方に、招待状を添付しますので、視聴ください。
原則クレジットカード支払いのみとなります。
銀行振り込み等別の支払いを希望する方はメール、電話にてご連絡ください
 

■お問い合わせ先
 大井川葛布 村井(親方)まで
kuzuinfo@kuzufu.com
電話 0547-45-4151

 


■講師略歴

東京造形大学 造形学部デザイン学科/テキスタイルデザイン専攻卒業
卒業後、東京テキスタイル研究所において 「かすり」 「草木染」 「バック・ストラップ・ウィーブ」 「アンデス・ナスカの手仕事」の技法を、ラオスの織工房ペンマイギャラリーにおいて伝統技法(すくい織り・マットミー・ムック・タピストリー)、ブータンにて織(片面縫取り織り・両面縫取り織り・経浮き織)を学ぶ。
近年は腰機の織りを訪ねて中南米へ足を伸ばしている。
手織工房SOX主宰

腰機レクチャー・ 世界の腰機

予定表

プレ講座
2021 年3月19日(金) 終了
2021年3月19日 19:00 世界の腰機を訪ねて

1995年〜2020年
第1回
2021 年 7 月 02 日(金)
腰機 -高機や日本の腰機との違いと特徴とは- 腰機の織り -平織りから模様織り-
シンプルな機から織り出される様々な模様織について 片面縫取り織・両面縫取り織・経浮き織他
第2回
2021 年 9 月 03 日(金) 終了
腰機で織られる⺠族衣装 -織布の用途と腰機の特徴- ブータンのキラ・グアテマラのウィピール・アジアの巻スカート
第3回
2021 年 11 月 19 日(金) 
インドネシアを訪ねて 1994.1995年 小スンダ列島(ヌサ・テンガラ)の絣を訪ねて

輪状整経と絣くくりの関係、そして絣合わせと織
第4回
2022 年 1 月 07 日(金) -予定-
ブータンを訪ねて 1996.2012年 布を埋め尽くす精密な模様織
片面縫取り織と両面縫取り織・経浮き織 三角形の経糸の機
第5回
2022 年 3 月 04 日(金) -予定-
ラオスを訪ねて 2003.2015. 2020年 南ラオスの⺠族の織
足で支える腰機と経浮の縞模様とビーズで織り出す模様

 
第6回
2022 年 5 月 06 日(金) -予定-
グアテマラを訪ねて 2017.2019年
 
グアテマラを訪ねて 2017.2019年 片面縫取織と四方耳
色彩豊かな様々な織り模様
第7回
2022 年 7 月 01 日(金)
ペルーを訪ねて 2018年 アンデスの末裔たちの腰機
獣毛素材の腰機の織り 手が織り出す緻密な模様
第8回
2022 年 9 月 02 日(金) -予定-
織り手の視点で腰機を考える アジアと中南米の腰機の共通点と違い 経糸のフリーテンション シンプルから生まれる自由な発想
   
   

 

主催 大井川葛布工房
428-0014  静岡県島田市金谷泉町5-1
電話 0547-45-4151     FAX 0547-74-0115
E-mail kuzuinfo@kuzufu.com